秋保そばフェス2019が開催されました。

6月8日(土)9日(日)の2日間にわたり今年で4回目となる秋保そばフェスが仙台市と共催で行われました。初日は地元を代表して岩間秋保総合支所長と中谷全麺協理事長の挨拶で二日間の行事がスタートです。挨拶をする全麺協中谷理事長

開会式に引き続き早速初段位認定が始まります。

初段の認定書を受け取る代表者

フェスティバルに訪れた人で大賑わいの会場周辺。打ちたてのそば以外にもコーヒーショップ、地元の野菜の即売場などが設置さ二日間で会場を訪れた人は合計2400名にのぼりました。

2日目の名人大会の予選では3名の方が予選通過を果たしました。最優秀者には仙台市長賞が贈られます。

この度は鵜飼審査委員長ほか全麺協役員の皆さんやいわきそば塾をはじめ多くの皆様にご協力を頂き滞りなく開催することが出来ました。私ども一同篤く御礼を申し上げます。

秋保そばフェス2019のプレイベントを開催

5月22日(火)青葉区広瀬通にある仙台市ガス局のガスサロンにて6月8日、9日に予定している「そばフェス2019」のプレイベントを開催しました。お世話になっている仙台市の関係者や報道機関の皆さんをお呼びして、昨年秋に秋保で採れた地粉の試食会を行いました。昼の時間に大勢の人が訪れてくれて打ったそばの味には大いに納得して頂いたと確信しました。

11時から受けつけ開始です。

そばフェスでデモを行う会員が打ち方を披露

テレビの取材を受ける柏倉代表

仙台白百合学園ハンドメイドマーケット

4月27日(土)は仙台白百合学園中学、高校で行われた恒例の「紫山ハンドマーケット」に参加しました。

11時から早くも行列です。

フル回転でサービス開始

 そばを提供し中高生徒にもやさしい350円です。時々雨が降るあいにくの天気でしたが用意したそばもほば完売。収益金は全額を学園関連の教会に寄付しました。

そばネット宮城合同研修会

3月23日(土)、24日(日)の2日にわたって「そばネット宮城」の合同研修会が仙台市秋保研修センターで開催されました。
研修希望者の先着20名に柏倉代表以下7名が指導側につき1泊2日で集中的に行うものです。今回の前半は研修を受ける側と指導者を固定したマンツーマンで実施するものです。
初日は柏倉代表の要点解説に始まり研修がスタートです。

夜は秋保温泉に泊まり懇親会の和気あいあいで2日の研修も無事終えることが出来ました。

今回は1人当たり5回のそば打ちで終了時には技量の向上に確実な手応えのあるものとなりました、

また今回はそばネット宮城のメンバーから福島手打ちそばの会、水神そば工房、白石興産そば工房、川崎蕎巧会の皆さんが参加しています。

冒頭に柏倉代表の全般的なアドバイスです

松田会員のデモ打ちに柏倉代表が説明をつけています

会場の様子

同じく指導の様子

仙台秋保そばフェス2019開催と大会参加者募集要項について

宮城手打ちそば研究会は仙台市との共催で6月8日(土)と9日(日)の二日間にわたり仙台秋保そばフェス2019を開催します。これに伴い初日には「素人そば打ち段位認定」初段、2段の審査会、翌日には「全日本素人そば打ち名人大会」東北予選仙台秋保大会を開催の予定です。参加を希望される方は添付のファイルをダウンロードの上提出をお願いします。

2019仙台秋保段位認定試験受験要項

第24回素人そば打ち名人大会東北予選(仙台秋保大会)2019